一人一人の個性を大切にする東松山高坂地区・毛塚のピアノ教室です
ブログ

小・中学生のレッスン

楽譜の読み方を学ぶ

ここのところ、両手で弾き始める段階に入る生徒さんが何人も続いています。 新しい音が出てくる 両手で弾く最初の段階は、1オクターブ違いで同じ音を弾くので、左手の位置が今までとは変わってきます。 今までは、真ん中のドに1の指 …

「エリーゼのために」の繊細な美しさ

「エリーゼのために」は有名なピアノ曲です。「エリーゼのために」が弾けるようになりたい、と目標にしている生徒さんもいます。 6年生の生徒さんが、「小学校の1年生の時に弾いたんだけど、もう一度弾いてみたい。」ということで、今 …

ピアノで左右違う動きを学ぶ

ピアノに限りませんが、楽器の場合多くは、左右違う動き方をします。 ただ、ピアノの場合、同じ鍵盤の上にあり、鍵盤を指で下げる、ということは同じですが、違うタイミングで違う音を弾いていくことになります。 「慣れる」感覚の大切 …

リハーサルをしています

こんにちは。 明後日のクリスマス会に向けて、リハーサルを始めました。 ピアノのふたも全開です。 本番と同じように歩いていって、お辞儀をして弾く。弾き終わったらお辞儀をして戻る。 この練習です。   小学校1年生 …

ピアノを弾く前に階名で歌うことで、音感が自然に身につきます

こんにちは。 私のレッスンでは、小さいお子さんが新しい曲に入る前に、階名で歌ってもらうことが多いです。 「絶対音感教育」をしているわけではありませんが、結果的に自然に音の感覚が身について音程が取れるようになっていきます。 …

ピアノのふたを全開にすると、景色が変わります

こんにちは。 グランドピアノのをふたを開けて、譜面台を抜くと、見える景色が変わります。 昨日は、クリスマス会に向けて、その状態でレッスンしたお子さんもいました。 ピアノのふたって? まだ、教室を始めて1年と少しなので、今 …

小さいお子さんには、力を抜く練習をすることが多いです

こんにちは。 小さいお子さんにとって、ピアノはすごく大きいものに感じられるでしょう。 特にグランドピアノなどはそうです。 鍵盤も「重く」、「一生懸命」弾かなくては音がでない、というイメージを持ちがちで、ついつい力いっぱい …

1年生のピアノレッスン。3拍子のリズム打ちをたくさんしました

こんにちは。 小学校1年生の生徒さん、昨日は3拍子のリズム練習をたくさんしました。   最初に、「うたあそび」です。 もう1巻の終わりなので、季節はずれですが「こいのぼり」から。 歌いながら、ボンゴを使ってリズ …

知的理解が進歩を助けるー小学校高学年・中学生のピアノレッスン

こんにちは。 たうらピアノ教室には、小学校の高学年・中学生になってからピアノを始めた生徒さんが何人もいます。 ピアノを始めるのは、一般的に早いほうが良いと言われます。 でも、趣味で楽しもうという場合は、始めるのに年齢は関 …

リズムだけ取り出して考える

こんにちは。 リズムを正しく弾いていくこと。 特に最初のうちは、難しく感じるかもしれません。   私自身もそうでした。 記憶に残る最初期の頃のレッスン風景。 アップライトのピアノで、もうお子さんが大きくなってい …

タンバリン 鈴
1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © たうらピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.