こんにちは。

昨日は、中学校教師時代の教え子が、音楽短大に進学していて、ライブ実践ということだったので、聞きに行きました。

(写真撮影はできないとのことなので、上の写真は昨日のものではありません。)

人生初のライブハウスです。しばらく前、息子にライブハウスってどんなところ?と聞くと、お母さんが行くの?と笑いながら、飲食店扱いなので、ワンドリンク買うことが必要なことを教えてくれました。

あわせて「念のために、耳栓を持って行ったほうがいいよ。スピーカーの位置と音量によっては、後で耳鳴りが残ることもあるから。」とも言われ、耳栓も持って行きました。(全然問題ない音量で、使いませんでした)

 

若者達が、それぞれの持てる力を発揮して頑張っている姿はとてもキラキラして美しく、魅力的でした。

作詞作曲し、アレンジもそれぞれの学生さんがしたのだそうです。

ピアノやベース、ギター、ドラムは、それぞれのプロプレイヤーが担当していました。その演奏レベルの高いこと!

この方達に支えられて自分の楽曲を披露できる場というのは、学生さんたちにとって、とても幸せなことだと思いました。

 

ある学生さんは歌だけ、別の人は弾き語りをし、ドラムをたたきながら、歌っていた人もいました。

歌を歌い、さらに間奏でフルートを吹いていた人もいました。

歌詞にも、それぞれの個性が表れていて、音楽とあわせて、とても興味深く聞きました。

赤塚不二男さんの世界をモチーフに使っていたり、就活に向かう自分自身への応援歌を歌っていたり。

今の日常生活のことを歌っていたり。

私の教え子も、今まで色々な経験があったのですが、その中から感じたことを歌詞と音楽とで表現していました。

このステージに立つまでの経緯を知っているだけに、大きな成長を感じるとともに、本人の努力、お家の方の支えを思い、胸が熱くなりました。

 

案内でもらった手紙に、これからも音楽と関わり、発信していきたい、ということが書いてあったので、またそれを楽しみにしていこうと思います。

感動と、微笑ましさとで温かい気持ちになったひとときでした。