こんにちは。

昨日は、高坂小学校の運動会を見てきました。

高坂小学校の最高学年、6年生の生徒さんがいるからです。

朝は少し雨もぱらついていましたが、午後には良いお天気。

その中で元気いっぱいの小学生が応援に、競技にと大活躍していました。

 

久々の小学校の運動会で、新鮮に感じました。

赤、青、黄、緑の4つの組に分かれて、縦割りの対抗戦形式です。

今年の6年生は3クラスなので、クラスとは関係なく4つの組に分かれたのだそうです。

6年生を中心に応援団もあって、午後の応援合戦では、組ごとに趣向をこらし、振り付けのついた応援歌もあり……。

見応えがありました。

入学したばかりの1年生にも教えて、あの水準にするのはたいへんだっただろうな、と思わず昔の教師感覚。

一生懸命な子ども達を見ていて、何だか懐かしくなりましたね。

 

3年生の「台風の目」。

中学校の体育祭でも定番の競技です。

コーンのまわりを上手に回るのは、けっこう難しいですし、戻ってきた棒を全員でうまく跳びこえるのも練習が必要です。

小学校3年生が上手にやっていたので、感心しました。

小学校4年生の「君をのせて」

バランスボールのような大きなボールを、各組の色の大きな布にのせて4人で運ぶ競技です。

風が強くて、大変そうでした。

うまく布にボールを包むようにして運べれば良いのですが、4人の距離が離れて布が広がると、ボールが落ちてしまいます。

拾ってはのせ、拾ってはのせ。

あれもコツがいりますね。

 

5・6年生の組体操。

練習の大変さは聞いていたのですが、仕上がりの美しさを見ると、頑張ったかいがありましたね。

ストーリーがあり、その中でのいろいろな技。

音楽に合わせた動きあり、時にダンス風の振り付けあり。

さすが高学年。

とてもお兄さん、お姉さんに見えました。

 

「集団で成長する」という学校ならではの良さ。

それが運動会のような行事には表れます。

大変なこともたくさんあったでしょうが、これを経てきっとそれぞれの子ども達がまた大きく成長しているのだろうな、と思いながら帰途につきました。