こんにちは。

久々に朝から良いお天気で、何だかうきうきします。

 

何によらず一つ一つの物事を大きくとらえると、難しく感じられるときがあります。

私などは「部屋の片付けをしよう」と考えるとおっくうになってしまう。

でも、「この引き出しの中の不要なペンを捨てよう」と思うと、何となく動ける、というように。

分解すると、気持ちの上でのハードルがとても下がるのですね。

 

ピアノも同じです。

特に右手と左手のリズムが違うと、それだけで難しく感じられてしまうことがあります。

昨日の生徒さんもそうでした。

右手と左手で動くタイミングが違う、下の楽譜の練習曲です。

この形です。

つい、どちらかにつられてしまっていました。

タイミングをとるのがが難しいようです。

指を動かすのではなく、リズム打ちだけをすることにしました。

最初、右手だけ左手だけでそれぞれ打ってみます。

これは上手にできました。

両手になると「あれ?」

3拍目で両手を一緒に打つと、次の1拍目の両手一緒が打てなくなっていたのですね。

その練習を何回かやりました。

 

その後、ピアノを弾いてみると、リズムの感覚がつかめてきました。

難しいときは、出来るだけ細分化してみること。

練習するときに、大切な意識だと思います。