こんにちは。

先日からクリスマス会の候補曲をいろいろ考えているところです。

初心者かつ幼稚園年長~小学校低学年のお子さんが中心なので、そのお子さん達については、実際に曲を決めて練習を始めるのは、もう少し先にしようと考えています。

今はまだ、全部の指を使っていないお子さんも、2ヶ月経てば5本とも指が使えるようになります。

そうすれば弾ける曲がぐんと増えます。

暗譜も、今回は、できれば良し、できなくてもやむを得ない、ということで。

 

ただ、小学校6年生の生徒さんは、もうかなり弾ける段階ですし、夏休み中に譜読みを始めて暗譜で弾けるようにと思い、早めに決めることにしました。

いろいろな楽譜を買って、弾いてみて、選んでいきました。

私が子どもの頃に発表会でよく弾かれていた曲。

ネットや「発表会のための~」という名前の楽譜集を見ていくと、それらは今もよく演奏されているようです。

ランゲの「花の歌」

モーツァルトの「トルコ行進曲」

ショパンの「マズルカ」Op.68-3 など。

 

一方、ギロックのように、比較的新しい曲もあります。

マーサ・ミアーやキャサリン・ロリンなども。

これらは私が学んだ1970年代~1980年代では、まだ一般的ではなかったように思います。

(少なくとも私が学んでいて、耳にした範囲では、まだ演奏されていませんでした。)

これらの中にも、とても美しい曲がたくさんあると、今回、選曲をしてみて思いました。

 

カバレフスキーやショスタコーヴィッチなども、おもしろい曲がたくさんありそうですし、見ていくときりがありません。

選曲にかけられる時間にも限りがあるので、ある程度で楽譜を買うのはやめて、弾くことにしました。

教えるということは、自らも学ぶということ。

そして、新しいものを自分の中に取り入れていく柔軟性を持つということ。

そうでないと、自分が学んだ40年前の内容だけを教えることになってしまいます。

 

一方で、ピアノの場合、西洋音楽の長い蓄積があります。

それも大切にしていきたい。

この生徒さんにはこんな曲、とイメージを持ちつつ考える、楽しい一時でした。