こんにちは。

昨日は、ピアノ教室のクリスマス会。個人所有のスペースをお借りして行いました。

子どもの生徒さんが多いので、ご家族に限ってお越しになっていただき、成長の様子を見ていただきたいと考えたからです。

当日は、50席並べましたが、ほぼ一杯になりました。

 

私が教室を始めて1年3カ月。

ですから、ピアノを習い始めて1年以内、今回が初ステージという生徒さんが8割という状況でしたが、どの生徒さんも頑張りました!

司会は小学校6年生と中学1年生の生徒さんと保護者の方にお願いしました。

マイクが使えない中(前日にテストしたときは大丈夫だったのに、当日になって、ミニコンポの電源が入らなくなってしまいました)、大きな声でプログラムを紹介してくれました

初めの言葉、終わりの言葉は小学校2年生・3年生の生徒さんが堂々と言ってくれました。

椅子・足台の出し入れ、高さの調節も、保護者の方が手際よくやってくださいました。

多くの方のご協力で会はスムーズに進行しました。

 

初ステージの生徒さんは「ドキドキするー!」と言いながら、自分の演奏順を待っていました。

そんな中での演奏。緊張もあったでしょうが、弾き終わった後の笑顔の素晴らしいこと。

お母さんやお姉さんとの連弾もありました。

失敗も、次へのステップ。「反省」は必要ですが、「落ち込む」必要はありません。

今の自分の状況の中から、次回はこうしていこう、ということをきちんと考えていければ、前に進むための原動力となります。

 

出演者の写真撮影、同じ小学校のお子さん同士、幼稚園のお子さん同士でも写真を一緒に撮り合ったりして、和やかな雰囲気でした。

ジャンケン列車とビンゴをして、クリスマス会は終わりました。

新しいピアノも入り、音楽を通して、生徒さんの心が豊かになる経験をたくさんできるように、私としても頑張っていこうと改めて思ったひとときでした。