こんにちは。たうらピアノ教室の田浦雅子です。

小学校5年生の初心者の女のお子さん、体験レッスン後、先週から本格的にレッスンを始めました。

 

レッスンの1つの柱は読譜の力をつけること。こちらは、音楽ドリルで学んでいくことにしました。今週一週間で、頑張ってたくさん勉強してきました。

もう一つは良い響きの音で弾けるようになること。そのための耳と手の使い方を学んでいきます。

昨日、用意した椅子の高さ調節用のコルクマットも使い、高めの椅子から、鍵盤に腕の力をうまくかかる姿勢を探りながら弾いていきます。

あわせて手の内側の支えを意識できるよう、今は3の指を中心に使って弾くようにしています

前回のレッスンで教えた右手と左手の練習を一週間してきて、それを聞かせてもらいました。

最初は力が入っていたのですが、レッスンしているうちに、だんだん力が脱けて、音ものびてきました。

 

練習してきた曲に、私が低音パートをつけて連弾。これもスムーズに弾けました。

音楽ドリルの成果もあって、譜読みも早く、次の3曲の階名とリズムの確認もすぐできました。

付き添いでいらっしゃったお母様の話ですと、ちょっとした時間にも「練習してみよう」という感じで、楽しんで弾いてきたとのこと。

レッスンノートには「葦笛の踊り」と「エリーゼのために」が弾きたいと書いてありましたので、まずはそれに向けて、基礎的な力をつけていこうね、と話しました。

 

ぜひ、たくさん弾いて上達してほしいと思い、これからが楽しみです。