年中の生徒さんの成長

4月に入会した、保育園年中の男のお子さん。今までお姉ちゃんが来ていて、弟さんも始めることになったのです。

年中の生徒さん、大きな変化

年中の生徒さんの連休明け最初のレッスンがありました。入ってきた時から、「何となく今までと違う雰囲気」と感じてはいました。

おんぷノートに音符を書いてみると、線と線の間に上手に○をおさめることができるようになっています。ト音記号のドも、○の中に―がきれいに入って書けるようになっています。

「すごい!きれいに書けるようになった。」と言うと、お母様が「お姉ちゃんです。」とのこと。

とても面倒見の良いお姉ちゃんの様子は見えていたので、「教えてくれたの?おかげで上手に書けるようになっている。」と言うと、お母様が「お姉ちゃんが練習していると、下の子も始めるんですよね。」と教えてくれました。

ピアノの練習にも集中

ピアノの前に座ってからも、前回までとは全く違って、落ち着いてレッスンに取り組めました。 まず、ピアノの中央と自分のおへそを合わせて座って、 「ここは左手」と言いながらヘ音記号のドのところに、さっと手を置いて、準備完了。

伴奏に合わせて弾き始められました。左手が終わると、「今度は右手。」と言って右手に交代。こちらもスムーズに伴奏に合わせて弾けました。

音符を見ながらその音を弾く練習の時も、集中力が持続まま取り組むことができました。

何回かレッスンに来る中で、「今やっていることの意味」を本人なりに理解できてきたのでしょう。

お子さんの成長の速さに驚く

10連休でレッスンの間隔があいたので、2週間ぶり、ということもあるのでしょう。それにしても小さいお子さんの短期間での成長ぶりにほんとうに驚かされました。

同時に、お姉ちゃんの良い影響も見逃せません。お姉ちゃんが毎日練習しているのを見るから、弟さんも毎日練習する。

練習→できるようになる→レッスン→練習→できるようになる→レッスンという成長のサイクルに入ってきた感じがします。

にこにこしながら帰っていく後ろ姿を見ながら、改めてお子さんの成長に立ち会えるうれしさを感じました。

Follow me!