こんにちは。

小さいお子さんは、ちょっとしたことでやる気がでることがありますね。

「やる気スイッチ」が入ると、とても頑張れます。

 

小学校1年生の生徒さん。

元気な男の子です。

ピアノは、座って弾くので、ちょっと大変そうです。

あっちこっちもぞもぞしたくなっちゃいます。

 

でも、今回、クリスマス会に向けて「ピアノランド」から選んだ「うずまきめだまになっちゃった」の絵がとても気に入りました。

目玉がぐるぐるしている絵。

動物がたくさん描かれていて、その動物たちの目玉もうずまきでぐるぐる。

とんぼの目もぐるぐる。

 

それが楽しいらしくて、「ぐるぐるしている!」

「とんぼの目もぐるぐるしている!」

と言っています。

レッスンでも、スイッチが入りました。

 

2分音符でまず右手でドレと弾いて、左手でドシ。

右から左への手の交替がスムーズにいくように、練習です。

先生のお手本を見ながら、何回も集中して練習できました。

今度は同じ音型を4分音符で弾きます。

これも真剣に練習。

集中してあっという間に4小節の譜読みができました。

 

きっかけは、どんなことでも良いのだと思います。

楽しい→練習できる→できてもっと楽しくなる→もっと練習する

この循環に入れること。

それがとても大切です。

当日は、2人いるお姉ちゃんのうち、大きいお姉ちゃんが連弾してくれるとのこと。

どんな演奏になるのかな?

楽しみです。