たうらピアノ教室では、保育士さん、幼稚園の先生、小学校の先生をサポートするレッスンも行っています。

先日も、幼稚園の先生が体験レッスンにお見えになり、入会されました。

私自身が、教育学部出身であり、学校現場での経験が長いので、状況がとても良くわかります。

ピアノで独奏するのとは違う要素が入ってきます。

子どもたちの状況を見ながらピアノを弾くためには、どうしたらよいのか。子どもたちが楽しく歌えるようにするためには、どうしたらよいのか。

そういうことも考えていく必要があります。

今回の幼稚園の先生の場合、オペレッタをおやりになる、ということで、そのサポートをすることになりました。

何曲もありますから、その一つ一つが確実に弾けるようになること。ピアノの部分では、まずそれを目指していきます。

そして、歌の部分の勉強をしていくことがとても大切になってきます。ピアノはピアノで練習していきますが、それと並行して、歌詞を覚えて、楽譜を見なくても歌が歌えるように勉強していくことになります。

オペレッタとなると、動きも入ってきます。そのすべてを頭に置きながら、ピアノが弾けるようにしていくわけです。

Youtubeにある幼稚園の発表会の動画を見てみたら、まあ、いろいろあること!小さいお子さんたちが一生懸命歌ったり、踊ったりしている姿を見ていると、楽しくなりました。

さっそく私自身もその曲の楽譜を用意して勉強していくことにしました。

子どもたちが楽しく音楽に触れて楽しい、と思うためには、教える側が楽しさを感じていることも大切な要素。その気持ちが伝わっていきます。

私自身も楽しみつつ、学びつつ、レッスンに臨んでいきます。