練習を続けることで進歩を実感できる

弾けると楽しくなる

昨日は、小学生のレッスンが続きました。みんな頑張って練習してきているので、とてもうれしく思っています。

ピアノには練習が欠かせません。弾けるようになると楽しい、だからまた練習しようと思う。この繰り返しが上達の最大のポイントです。

最初の段階は、音符が読めるようになると、右手と左手を交互に使うので、どんどん弾けるようになっていきます。この段階で、両手の指10本を使うと、かなりたくさんの音が弾けるので、知っている曲がたくさん弾けるようになり、これはこれでとても楽しい段階です。

次に、両手で別々の動きをする段階に入ります。ここがやはり大きなステップなので、練習が必要な段階です。

今までと、練習の質も変わってくるので、ここではちょっと「頑張る」必要のあるところでしょう。ここを過ぎて、両手で別々の動きをスムーズにできるようになると、またさらに楽しくなっていきます。

最初はちょっと大変

昨日は、ちょうどこの「両手別々の動きに入って間もない」段階の生徒さんが続きました。しかも、「メリーさんのひつじ」で右手と左手が違うタイミングで動く曲です。

ボンゴで両手のリズムだけ取り出して練習したり、別々の動きの部分だけ取り出して練習したりしました。みんな、苦労しながらも、粘り強く取り組めるし、ほんとうに一生懸命頑張りました。

この段階は、誰でもちょっと大変なのです。その時に頑張れると、自分に自信もついていきます。そういう意味で、ピアノだけではなく、成長していく上でも大切なことが学べる良い機会でもあるのです。

ピアノの楽しさは自分で力を獲得していくことの楽しさでもある

ある意味、ピアノの楽しさは、自分で力を獲得していくことの楽しさでもあるかもしれません。

両手で弾けるようになる力、自分で出している音をしっかり聴き取る力、曲のイメージを自分なりに感じ取る力、そのイメージを実際に表現していく力 。さまざまな力が必要になります。

そしてさらに、それらピアノに必要な力を身につけるために、毎日練習する力。ピアノという一つの習い事から、実にたくさんの力を身につけることができます。

昨日も、粘り強く頑張っている生徒さんたちの姿に、私自身もまた頑張ろうという気持ちをもらったレッスンでした。

Follow me!