こんにちは。

六十代で、レッスンに来ていらっしゃる女性の生徒さんがいます。

 

「息子も娘も習っていて、いつか私もと思っていて…」ということで、「いつか」を実現なさいました。

そろそろ1年になります。

お仕事がお忙しい中、まずはレッスンに来る時間の確保から。

次には、ご家族との折り合いをつけて練習できるようにすること。

仕事を持ち、主婦でもあり、畑もおやりになっている。

そんな中でピアノを続けていくため、一つずつ環境を整えていらっしゃいました。

 

1年経って、指も慣れてきました。

今は、クリスマス会に向けて、ベートーベンの「悲愴」第2楽章のハ長調編曲版を練習中です。

まず、右手から。2分音符が続きます。

最初は、スムーズにいきませんでした。

2拍、のばして、次にいこうとすると拍子に間に合わない。

ふしぎなことに、4分音符で動くところは、かたまりとして頭に入っているようで、そちらのほうがずっとスムーズです。

 

そこで、前の音を弾いたら、すぐに次の音符を見て、指を準備しておく、ということをお話ししました。

もう一つ、その手順が間に合うように、今よりも、もっとゆっくり弾くこと。

それを心がけましょう、ということで実際に始めてみました。

 

今度は、ずっと滑らかになりました。

その上で、できるだけ、次の音のイメージが頭の中に入るように、何回も練習します。

まず4小節。

できるようになったら8小節。

これをくりかえしました。

 

「脳トレになります。」とおっしゃりながら、音符→指遣い→鍵盤の流れを意識できるようになってきました。

だんだん上手に弾けるようになっていきます。

「また、練習してきます。」とおっしゃって、帰っていかれました。

 

1年、毎日の積み重ねで上達していきます。

自分の指で音を出すことの楽しさ。

それから、新しいことにチャレンジして、それが出来ていくことの楽しさ。

それは、年齢に関係ありません。

人生の先輩のチャレンジする姿勢に敬意を持ちつつ、私もレッスンに臨んでいます。