こんにちは。

慣れてくると力が抜けて、楽に動けるようになりますが、ピアノも同じです。

今思えば、私なども、車の運転をし始めた初期の頃は、力が入って、肩が凝るほどでしたが、今はうまく力を抜けるようになっています。

 

小学校1年生の生徒さん。

ここのところ、毎日ピアノの練習をする習慣がついて、どんどん上手になっています。

最初は、かなり力を入れて弾いていたのですが、今クリスマス会の曲をずっと練習していて、同じ曲にじっくり取り組むことができるようになり、生徒さん本人が「弾き方」に意識が向けられるようになってきました。

この音とこの音をつながるように弾けるといいね、と前回のレッスンでお話ししていたところが、今回は上手につなげられるようになっていました。

 

お母さまに、「とても上手になりましたね。」とお話しすると

「毎日頑張って練習しています。毎日練習することがこれほど大切で、これほど違ってくるのだということがよくわかりました。」とおっしゃっていました。

力の入れ方、弾き方に意識を向けると音が変わってきます。

この生徒さんの音も、ずいぶんきれいになってきました。

 

もう1人の小学校1年生の生徒さん。

こちらの生徒さんも、このところ、練習量が増えていて、どんどん上達しています。

最初のうちは、どうしても力を入れて弾きたくなってしまうのですね。

特に、手の小さいお子さんの場合「音を出さなくては。」と思って「頑張って」弾きがちです。

こちらの生徒さんも、手首を使って下に向かって押し下げるように「頑張って」弾きがちでした。

でも、ここのところ、1つの曲をじっくり練習しているうちに、ずいぶん手の使い方が柔らかくなってきました。

ちょうど、教本の変わり目でクリスマス会の曲の練習に入ったので、「早くこっち(教本)もやりたいな。」と意欲的でした。

 

それぞれの生徒さんの成長ぶり、頑張っている様子に、また元気をもらいつつ、レッスンをしています。