こんにちは。

昨日のレッスンで楽しいことがありました。

ランドセルに楽譜を入れて、生徒さんが持ってきたのです^^

後になって、写真を撮らせてもらえば良かった、と気付きましたので、上の写真は本人のものではありませんが…。

 

いま、幼稚園の年長で、来年4月に小学校に入学する生徒さん。

5月頃、ランドセルを注文したお話は伺っていました。

その段階で、「ランドセルが来たら、ピアノのレッスンに持っていきたい」と言っているお話も、お母さまから聞いていました。

その待望のランドセルが到着したのです。

先週、「先生、来週、ランドセルで来て良い?」と聞かれたので、

「いいよ。見せてね。」と言いました。

 

前の大人の方のレッスンが終わってふり向くと、ランドセル!!

大人の生徒さんといっしょに見せてもらいました。

 

上品なえんじ色にピンクの縁取り。

両脇にはビーズがはめ込んであって、キラキラ光っています。

中を開けると、裏側にも水玉模様の生地がはってあって、とてもかわいい。

「きれいね。」「おしゃれね。」と感心しました。

 

大人の生徒さんとも「昔は赤と黒だけでしたものね。」と言い合いました。

「パパのランドセルは黒だったんだって。」

「ママのは?」

「ママのは赤。」

やはりそうですね。

私の息子が入学した18年前、だんだんカラフルになってきたな、という印象はありましたが、息子は「僕は黒。」と言って、ごく普通の黒を選んだ記憶があります。

 

それにしても、こんな素敵なランドセルがきたら、入学も楽しみになることでしょう。

生徒さんの喜びが伝わってきました。

そして、その喜びを一緒に味わうことができて、本当にうれしく思ったすばらしい一時でした。