こんにちは。たうらピアノ教室の田浦雅子です。

昨夜、ピアノ教室の看板が届きました。Mサイズをお願いしたのですが、一目見て「大きい!」という感じました。室内なので大きく感じられるのかもしれません。

でも、オレンジ色がかわいくて、音符もカラフルで、とても気に入っています。ちょっとドキドキしつつも、「この看板にふさわしいレッスンをしよう。」と気がひきしまりました。もし、お近くを通る方がいらっしゃったら、見ていただけるとうれしく思います。

さて、今日になって、教室南側道路に面したフェンスの、どの位置に設置しようかな、と見ていました。その時、ふと視線が自分の足下に行き、ブロック塀と道路の間が草だらけだということに気づいたのでした。

いくら気に入った看板でも、下がこの草では、看板がかわいそう。さっそく草取りをしました。ブロック塀の縁がきれいになった後、先日から気になっていた庭の草取りもしました。

実は、この行動の仕方がピアノの練習と関係があるのです。

「庭の草取りをしなくては。」と思っていても、なかなか取りかかれませんでした。ブロック塀の縁の草取りをすると、その勢いで庭の草取りもさっと取りかかれました。

ピアノの練習も同じです。「やる気」になるのを待っていては実際にはなかなか行動に移せません。まずはとりあえず、ピアノの前に座る、楽譜を開いてみる、などピアノに関わる何か「行動」をし始めると、すっとピアノの練習に取りかかれます。

これは、ピアノだけでなく、家庭学習も同じです。何か始めてみる、教科書を開いてみると、学習に取りかかれます。

さらに、決まった時間に毎日繰り返していくと、習慣として定着していきます。

ということで、せっかく看板もきたことですし、私も庭と看板下の草取りを習慣として定着させていきます。