こんにちは。

今日は、少し視点を変えたお話を書きますね。

皆さんは睡眠、十分にとれていらっしゃいますか?

 

私自身、勤めていた頃、常に睡眠不足でした。

さらに、緊張が強かったのでしょう、身体はくたくたなので、すぐ眠ってしまうのですが、朝早く目が覚めてしまい、思うように眠れない、ということもありました。

先日、レッスンの時、大人の生徒さんも同じようなお話をしていました。

中学生達も睡眠不足の傾向は強かったですね。

「せめて日付が変わる前に寝るようにしよう。」という話をよくしていました。

 

そんなこともあって、睡眠に関する本も読むのですが、最近読んだ「睡眠こそ最強の解決策である」という本は、さまざまな角度から睡眠についての最新の研究結果が書かれており、大変興味深いものでした。

この中に、ピアニストとの会話がきっかけで行われた、睡眠と動きの習得との関連も書かれていました。

あるピアニストが、「ピアノの練習をしていて、マスターできない箇所があったとき、マスターできないまま眠っても翌朝になるとなぜか弾けるようになっていることが頻繁にある」という話を著者にしてくれたのだそうです。

 

この会話をきっかけに、著者は研究を始め、実験を行いました。

右利きの人を集めて、左手を使ってキーボードを打ち込む練習をしてもらう。

12分間の練習後、12時間後にテストを行います。

半分の人は午前中練習、夜にテスト。

半分の人は夜に練習8時間の睡眠後朝にテスト。

結果は同じ12時間後でも、睡眠をはさんだ人のほうがスピードで20%、正確性は35%上昇したとのこと。

 

脳は、睡眠の間に記憶を移動させるのだそうですが、このような運動記憶の場合は、意識の下で活動している脳の回路に記憶を移動させ、その結果、意識しなくても動かせるようになるのだそうです。

一般の記憶だけでなく、運動記憶にも睡眠は深い関わりがあるのですね。

ですから、ピアノもレッスン直前に「ちょっと練習」ではなく、ぜひぜひ間に睡眠を挟むよう、毎日の練習が上達への早道になります。

それから、特にお子さんは、眠ることで脳の発達が促されますから、十分な睡眠時間を取ってくださいね。