こんにちは。

たうらピアノ教室の生徒さんたちは、全体に楽譜を読むのは早いです。

日常的に、音楽ドリルで勉強していますし、「うたあそび」でも歌ったり、リズム打ちをしたりしているからです。

 

幼稚園年長の生徒さん。ピアノを始めて1年です。

「ピアノひけるよ!シニア」を勉強中です。

クリスマス会の曲も、だいぶ仕上がってきたので、そちらと並行して、教本の曲も練習しています。

前回のレッスンで、短調の音階について、基本的な知識を勉強し、指遣いも練習して帰りました。

今回のレッスンで聞かせてもらうと、練習してきてとてもスムーズに弾けています。

「スラブ行進曲」も練習してきたそうで、聞かせてもらいました。

 

臨時記号の♯が何箇所もできてくるのですが、すべて○印がついていて、自分なりに注意していた様子が分かります。

また、左手の音型がどんどん変わる部分にも○がついていました。

ですから、とても上手。

お母様に、「上手になりましたね。譜読み本当にしっかりできるようになって…」と言うと、

「スラブ行進曲、難しいと思っていたのですけど、本人が全然苦でなく、さらっと弾けるようになったので、びっくりしました。」

とおっしゃっていました。

 

もう1人、幼稚園年長の生徒さん。

こちらの生徒さんは、7月下旬から始めましたから、まだ3ヶ月たっていません。

もともとお歌がとても上手で、音程が正確でした。

音符がすらすら読めるので、やはり譜読みが早いのです。

「うたあそび」に出てくる「うたってみましょう」もどんどんできます。

最初は慎重だったのですが、今は毎週3曲ずつ課題の曲を練習してきて、知っている曲も弾けるようになってきたので、ますます楽しくなっています。

 

楽譜を読むには、「慣れ」が大切なのですね。

ですから、回数をやればやるほど、できるようになります。

特に小さいお子さんの場合、直感的にパッとつかめるようになると、どんどんできるようになります。

生徒さんたちの進歩、とてもうれしく思いました。