こんにちは。

暖かい日が続いたかと思えば、急に寒くなる。

やはり、春に近づいているとはいえ、まだまだ気温の高低差が大きいですね。

 

幼稚園年中の生徒さん。

早生まれで、3月に入って5歳になりました。

10月からピアノを始めて、まる5ヶ月が過ぎたところです。

最初は1本の指、中指だけを使って。

ずっとその期間が長かったのですが、だんだん支えが出来てきたので、人差し指、薬指も使うようにして、親指も使い始めました。

今、4本の指で弾く練習をしています。

 

「ピアノひけるよ!ジュニア1」で、前回のレッスンでは、アルプスいちまんじゃくを弾きました。

前々回のレッスンの時、譜読みと指づかいの両方を考えるので、ちょっと大変かな?と思っていたのですが、お家でしっかり練習してきて、レッスンではばっちり。

次はきらきらぼしです。

すると、「おうちで少し弾いてみた。」とのこと。

楽譜を見ながら、「ソソレレミミレー」とすぐ読めました。

指づかいも確認しながら、最後まで譜読みができました。

「次の曲はどうしようか?」と聞くと

「やってくる」ととても積極的です。

「ゆかいなまきば」です。

「おうた知ってる?」と聞くと「知らない。」というので、まず、お歌を私が歌い、次にいっしょに2回歌いました。

ドの音が連続するので、そこも問題なく楽譜が読め、こちらもスムーズに譜読みが終わりました。

 

お迎えの時、お母さまに伺ったら、幼稚園の年長さんが、ピアニカで「きらきらぼし」をやっているとのこと。

幼稚園だと「ドドソソララソーなんですけどね。」とおっしゃっていました。

でも、それはそれとして区別でき、楽譜を見ながら弾けるようになってきた、ということが、この5ヶ月の成果です。

生徒さんの成長ぶりに、本当に感心し、そしてうれしく思いました。