こんにちは。たうらピアノ教室の田浦雅子です。

昨日で、2017年のレッスンはすべて終わりました。

最後は、小学校6年生のお子さん。この11月からピアノを始めた生徒さんです。

先週お休みだったので、1時間かけて、その前のレッスンの復習と、1日遅れでしたが、ジングルベルを練習して私と連弾しました。

音楽ドリルを頑張っているので、音符を見て、音を確認するのはとてもスムーズで、何回か練習した後には、伴奏と合わせても止まらずに最後まで弾ききることができました。

 

教室を立ち上げたのは9月。

ピアノ教室を通して多くの方とのご縁ができ、本当に感謝しています。

リフォームに来て下さった業者さん。ご近所の方。快くチラシを置いて下さったお店の方。

皆さんに励ましていただきました。

そして4歳のお子さんから75歳のシニアの方までの生徒さんたち。

皆さんそれぞれの思いを持って、教室に足を運んでくれました。

その思いをできるだけ生かしつつ、一方でピアノを弾くための基礎となる部分をお教えしていければ、と思ってレッスンしてきました。

このお子さんには、指の強化を。こちらの大人の方には、練習の仕方のお話を。

この小学生の生徒さんには読譜を。こちらの生徒さんには、指の使い方を。

全員の生徒さんに、奏法の特徴や支え・脱力について、それぞれの方に合わせて、お伝えしてきました。

 

つたない文章ではありますが、このブログを読んで下さっている方にも励まされました。11月は、なかなか更新できず、焦りもありましたが、ようやく少しずつペースがつかめてきました。

今後も、少しでも多くの方と、レッスンを通して、あるいはブログを通して、音楽を表現することの楽しさを共有していきたい。

今年最後のレッスンを機に、1年を振り返って、支えて下さったたくさんの方に、感謝の気持ちをお伝えしたいと思いました。