こんにちは。

自分の演奏。弾きながらだと、聞いているようでなかなか聞けません。

特に最初の頃は、弾くほうに気を取られて、よけいにそうなりがちです。

でも、上達していくためにも「聞くこと」は欠かせません。

どうしたら良いのでしょうか?

録音する

ごく当たり前のことなのですが、録音して聞いてみると、とてもよくわかります。最近はスマホなどでも、手軽に録音・録画できるようになりました。

「響き」はなかなかとらえにくいのですが、それでもある程度はつかめるように思います。

自分ではこうしている「つもり」だったのに。「つもり」だけだった。がっかりすることもあります。

私自身も、本番前には必ず録音(最近は身体の使い方を見たいので、録画)しています。

付箋を手元にたくさん用意して、課題となるところにはどんどん貼っていきます。可能なら、付箋にメモを書きます。「左手不安定」とか「音はずす」とか。

残念ながら、最初のうちは、書いているひまがないほど、次々貼ることになります。

何色か用意して、今日はこの色、と色を変え、聞きながら前回の付箋を外していきつつ、新しい付箋を貼っていきます。

短いフレーズごとに聞く

録音できない時は、フレーズごとに止めて聞くことにすると良いと思います。

例えば、昨日のレッスンでも小学校2年生の生徒さん、「山のワルツ」でミーミミソ シララの後半シララのラ2つが、スタッカートのように短くなってしまいました。

「短くなっているね。スラーがついているから、こう弾いてね。」と私が弾いてみせて、その後、生徒さんも何回か繰り返して練習したのですが、やはり短くなってしまいます。

自分で自分の音を聞いていないかもしれない、と思ったので、そこで止まって「今度はどうだった?」と聞きました。

「はねている」

「今度はどうだった?」

「前より少し長くなった」

何回か繰り返しているうちに、少しずつ音が長くなっていきました。

いつも「自分の音を聞こう」と意識を向けることが大切

一番大切なことは、やはり「自分の音を聞こう」という気持ちを持ち、「聞くこと」を意識することです。

自分はどんな演奏をしているだろうか?

届けたい演奏になっているだろうか?

そんなことを考えながら聞く習慣をつけ、日々積み重ねていくと、大きな違いになってきます。

ぜひ、自分の音を聞きながら、練習してみてくださいね。