こんにちは。

5月に入って、気温の高い日が続いていたので、昨日今日は肌寒く感じますね。

ゴールデンウィーク明け、昨日からレッスン再開です。

 

幼稚園年長の生徒さん。

楽譜が読めるようになって、お指のコントロールもだんだんできるようになってきて、先に進むのが楽しい!

知っているお歌もいろいろ出てくる!

ということではりきってやっています。

練習時間の記録もつけていただいているのですが、1日30分以上の日も増えてきています。

素晴らしいですね。

お母さまも「どんどん先を弾きたがるので、ストップをかけるのが大変で…。」とおっしゃっています。

 

次の宿題になった曲のうち1曲は今までのパターン。

1オクターブ違う音程で右手と左手が同じ音を弾きます。

こちらは「ちょうちょう」の曲でスラーが出てきます。

説明には「なめらかに」という言葉が入っていますが、触った感触である「なめらかに」と音をつなげるイメージとがなかなか結びつきにくい様子でした。

ですから「ちょうちょうのようにひらひらきれいに飛ぶ感じで弾こうね。」

「バッタみたいにピョンと跳ばないようにね。」というお話をしました。

 

もう1曲は、また新たな段階へ。

右手はメロディー、左手は簡単な形ながら伴奏です。

「右手のお歌の部分がきちんと聞こえるように、弾いてきましょう。」

という課題。

 

言葉でのイメージと、それが音楽として表現される状態と、それぞれが結びついて、より音楽的な表現が意識できるように。

だんだん「音を出す」段階から「どのように音楽を作っていくか」ということに気を配れるようにしていきます。

また一歩成長していきます。