こんにちは。

昨日は、幼稚園年長の女のお子さんの体験レッスン、そしてご入会を決めていただきました。

習い事は初めてとのこと。

新しい場所で、知らないピアノの先生に会う、ということで緊張していましたが、「こんにちは。」としっかりごあいさつができました。

 

地元の幼稚園に通っているとのことで、同じ幼稚園のお子さんがすでに、たうらピアノ教室にも何人かいます。

ですから、ピアニカで年中さんはこんな曲をやったんだよね、とか、年長さんの曲は何?夕涼み会があったでしょう、など、そんなお話をしているうちに、だんだん緊張もほぐれてきました。

お返事も、受け答えもしっかりできます。

 

いよいよレッスン。

ぬり絵はとても上手にきれいにぬれました。

右左ゲームも迷わずばっちり。

指番号の練習もすぐ上手にできました。

指先が器用なお子さんで、両手の薬指を打つのも上手です。

次に、ボンゴを使ってリズムを打ちます。

こちらも迷わずしっかりできました。

 

幼稚園では、今、運動会の向けて和太鼓の練習をしているとのこと。

お母さまから聞いていた「勇気100%」の曲をかけ、和太鼓のかわりにボンゴでたたいてもらいました。

かなり複雑なリズムもありましたが、頑張って聞かせてくれました。

 

そのあとピアノに移動。

お家の楽器は、電子ピアノだそうなので、スイッチがないこと、音の出るしくみを簡単に説明して見てもらいました。

ピアノでは、高い音からお子さんに弾いてもらい、私が低い方から弾いてどこか真ん中を確認しました。

その後、たくさんあるドを探したり、「良い手の形」に気をつけて「ドレミファソラシド」を弾いたりしました。

最後にお歌をうたってお手玉遊びをしておしまい。

「楽しかった」とにこにこして言ってくれました。

 

そう、ピアノを弾くのは楽しいこと、音が出せるのはうれしいこと。

これからのレッスンの中でも、そんな経験をたくさんしてほしいと思っています。