こんにちは。たうらピアノ教室講師の田浦雅子です。

少し前の話になりますが、まだオープン前の8月中に、知り合いの方のお孫さんに、ピアノ体験レッスンのモニターをしていただきました。

6歳のかわいい男の子Sくんです。日頃は保育園で元気に遊んでいるそうです。

おばあさまと一緒に来られ、最初、恥ずかしそうにしていました。

まず、右手と左手ゲーム。右手にねこのシールをはってト音記号とヘ音記号を見てもらい、ト音記号の時はねこの手を、ヘ音記号の時は、シールのはっていないほうの手を上げます。何回かやっているうちに、すぐ上手にできるようになりました。

次に、カードを見ながら、言葉に合わせてボンゴをたたきます。トンボだったら3つ、ライオンだったら4つというように。これもとても上手にできました。

 

 

3つめは、鍵盤のカードを、黒鍵を手がかりに並べます。そして、ピアノに移動。

ドの音を探して、3の指(中指)で下から上まで全部見つけて弾きました。どこのドの音が好き?と聞いたら、「ここ」と一番低いドを指さしました。

最後に私の伴奏に合わせて、Sくんに真ん中のドの音を弾いてもらって、連弾をしました。

通っていらっしゃるにはちょっと遠くにお住まいなので、逆にモニターはお願いしやすかったのですが、来る前、とてもどきどきしていたのだそうです。

でも、「面白かったようです。おうちに帰ってから、レッスン内容を話していました。」とおっしゃっていただきました。

小さいお子さんは、個人差が大きく、同じ年齢でもレッスン内容は異なります。

左右の区別がついているかどうか、数字が読めるかどうか、ひらがな・かたかなが読めるかどうかは大きな要素です。また、身体の成長の度合いによって、柔らかい指に無理のかからないよう、歌やソルフェージュを中心にレッスンを進める場合もあります。

教本も何種類か用意して、お子さんに合わせて選んでいきますので、ご安心ください。