こんにちは。

昨日は御茶ノ水にレッスンに行ってきました。

アシスタントの先生からも、身体の使い方についていろいろアドバイスをいただくことができ、改めて肩甲骨から指先までのラインを意識しなおしてきました。

 

音階の練習というと、受験の時にもさんざんやりましたし、大学時代にも試験に向けてずいぶんやりました。

ただ、今までの弾き方で、はどうしても「いかに『速く』『正しく』音が出せるか」というところに目標が置かれ、練習も「機械的」になりがちでした。

昨日は「今までに音階の弾き方をやったっけ?」と先生から聞かれ、

「音階だけを取り出してやったことはないです。」というと

「では、今日はそれをやってみましょう。」ということで始めることにしました。

 

すべての音の響きがが同じでは音楽的ではありません。

ポイントとなるのは、4つひとまとまりでとらえること、鍵盤の幅いっぱいに使うこと、重心の移動があること。

ロ長調(H Dur)が弾きやすいということで始めました。

私の場合、内側から外側にいく右手の上行形・左手の下降形は弾きやすいのですが、逆の右手の下降形、左手の上行形が弾きにくく感じました。

やはり問題なのは親指だということを自覚しました。

 

弾いている途中でアシスタントの先生から、「もう少し腕・肘から重心を移動するほうが良いかもしれません。」とのアドバイスがありました。

ついつい「親指親指」と指のほうばかりに意識が行ってしまいました。

もう一度座りなおして、肩甲骨・腕・肘・手首というように身体の使い方全体に意識を向けていきます。

「全部の調を練習してくださいね。」と軽く言われて帰ってきました。

スケールの全調練習を毎日やるなんて、しばらくぶりです。

 

もう一つ、昨日は指先支点にならないためのレッスンもしていただきました。

古いソ連時代の子どものための教本を使って(今は日本語版は絶版です)ゆっくり練習。

こちらは、前回のレッスンで指導していただいた内容とほぼ同じなので、イメージがつかみやすいと思いました。

これらを踏まえてバッハのフランス組曲。

アルマンドを弾いてみると、今までよりも深い響きになった感じがします。

「今のを意識しましたね。」と先生にもおっしゃっていただくことができました。

 

改めて、身体の使い方を意識するといろいろ気づくことがあります。

肩甲骨から指先まで。

全部を使いピアノを弾いていく。

また一つ、自分の中で意識しなおしていこうと思っています。