いつもの神田明神は、こんな感じです

昨日は、自分のレッスンに行ってきました。先生の楽器は、ほんの少しのタッチの違いを反映してくれます。場合によっては、反映「してしまい」ます。

指を使い過ぎない

昨日は、最初に弾いた時、微妙に響きに伸びがないように思いました。

何だろう?と思いながら弾いていました。弾き終わった時、先生から、「指を使いすぎています。」と言っていただきました。

指に力が入ってしまっていたようです。このあたり、ほんの少しの加減で響きが変わってきてしまいます。

指先から虫様筋に感覚を移動させるような意識で弾いてみると、だいぶ違いました。

ただ、後半になってfで弾こうとすると、やはり響きが思うように上がってきません。

「こう、押し付けている感じですね。fの時は一瞬だけ、力をかける感じで。」と言っていただき、何回か繰り返しているうちに、ようやく少しずつ改善していきました。

ただ、この部分は、前回のレッスン時も同じような流れだったので、家での練習にももうひと工夫いるかもしれません。

家のピアノがまだあまり「鳴らない」感覚なので、ついつい弾きすぎているということを自覚しました。

親指の支え

同時に「親指が微妙に下がっているので、そこで響きが変わってしまいますね。」とのこと。

親指‼奏法を変えた当初は、親指の使い方がまったく出来ておらず、ずいぶん苦労しました。

だいぶ、できるようになったものの、まだ音形によって、支えが甘くなり、位置が変わってしまう場合があるのです。

親指の付け根から指を使うということを意識して、支えをももっと意識しつつ練習する必要があります。

ほんの少しの加減で、響きは大きく変わってしまいます。そのことを改めて自覚したレッスンでした。

神田明神の人混み

神田明神は、4日の混雑が、報道されていましたが、昨日も初詣の人で、すごい混雑していました。

先生のお宅に向かう時に、いつもの歩道にビジネスマンらしき人がたくさん歩いていて、どうしてだろう?と思っていたのですが、途中でたくさんの人が、神田明神の方向に曲がったので、理由がわかりました。

帰りに見ると、人はもっと増え、鳥居から曲がって歩道まで、参拝の人の列がならんでいます。新年のにぎわいを横目に見つつ、私は私で、また収穫を得た気持ちで帰途につきました。