こんにちは。

先日から「腕の重みをかける」ということを考えながらピアノを弾いています。

レッスンでもここのところ、身体の使い方を中心に見ていただいています。

 

しばらく前に「ボディ・マッピング」という本を買いました。

DVD付きの本なのですが、本だけ斜め読みして、DVDを見ないままになっていました。

これを昨日は見ることにしました。

非常に興味深いことをたくさん発見することができました。

 

私たちの脳の中には、「からだの地図」があり、それが動き方を決めている、という内容です。

例えば、「上半身」「下半身」と言ったときの境目。

ウェスト部分を意識する人が多いそうですが、実際の境目は股関節にあるとのこと。

そのマッピングが変わると足の使い方も、座り方も、身体の曲げ方も変わってくるのだそうです。

 

「腕」と言われた時に、私は、身体の上側に意識がありました。

「いわゆる肩」から手の親指側に向かう部分です。

ところが、このDVDの説明によると、「肩胛骨・鎖骨」も「腕」の中に含まれているし、肩の関節というのは、私が今まで「脇の下」と思っていた部分にあるようです。

これを知ると、腕の使い方に対する意識も変わってきます。

より「腕」を大きく動かすことができますし、本来もつ自然な動き方を知ることで、身体への負担を減らすこともできます。

 

「手首」も今まで私が持っていたイメージと違っていました。

手首の関節は、私のイメージよりももっと先、手の側にありました。

正しいイメージが持てるようになると、もっと可動域が広がっていく気がします。

 

からだの地図を書きかえていくには時間がかかるそうですが、これはやっていく必要があります。

このDVDを見ることとともに、骨・筋肉の本も見ながら、自分自身の身体がどうなっていて、どう動かしているのか、意識を向けていこうと思います。