こんにちは。

発表会が終わって、またモーツァルトに戻っています。

 

前回受けたレッスンの時の「軸」について、もう一度考えながら練習しています。

発表会の時に、大学時代の先輩とお話ししました。

その先輩も、同じ門下で学んでいるのですが、奏法について話しているときに、そこでも気付いたことがあったのです。

さかのぼって考えてみると、確かに先生から今までに言われたことの中にも、今回の「発見」につながる指摘はありました。

それをまた意識し直して練習することにしています。

 

4ヶ月ぶりのモーツァルト。

軽やかで、本当に美しいですね。

私にとっては、なじんできた感覚です。

譜読みがしやすいのと、オクターブの複雑な音型がないのがありがたいです(笑)

その分、自分がどう弾いているのかに意識を向けやすいです。

 

軸を意識しながら。

身体の使い方を意識しながら。

どう弾くと、どう響きが変化するのかを感じながら。

 

今回の先生の「発見」を意識していくと、より音が柔らかくまざりあっていきます。

同時に、小指側の音色も今までよりも柔らかく、そして響くようになっていきます。

また、軸を意識していくことで、より軽やかに動けるようにもなっていきます。

 

モーツァルトの美しさ。

明るさの中に、ふと影が落ちることがある。

でも、また何事もなかったかのように、もとの明るさに戻る。

ある意味、人生の断片を切り取って見せてくれているようにも思えます。

しばらくはまた、モーツァルトの美しさを感じながら、響きの一つ一つを味わっていきましょう。