一人一人の個性を大切にする東松山高坂地区・毛塚のピアノ教室です
ブログ

月別アーカイブ: 2019年1月

ピアノの鍵盤の奥まで使う

ピアノの鍵盤は奥行き15センチほどあります。白鍵の手前から一番奥までの長さですね。 黒鍵は10センチですから、白鍵だけの部分が5センチということになります。 小さいお子さんにありがちな傾向 小さいお子さんの場合、手首を上 …

調律をしていただきました

昨日は、調律をしていただきました。調律師さんは、名古屋から、関東に住む私も含め、同門の方々のピアノの調律をするために出張していらっしゃっています。 大野ピアノメソッドの先生のところで、ピアノのレッスンを受けているので、響 …

「バロック音楽」を読みました

先日読んだ皆川達夫さんの「中世・ルネサンスの音楽」が良かったので、「バロック音楽」も読んでみました。 やはり、いろいろと学ぶことが多く、特に、バッハにつながるさまざまな流れがよく分かりました。 この本の最初のほうに「声楽 …

指遣いを決めながら楽譜を読み込む

バッハのフランス組曲2番についている装飾音、特にジーグの部分について、ピアノで演奏する場合、どうしたら良いかを考えつつ、いろいろな演奏を聴き比べていました。 カツァリスの楽譜に書き込まれた指遣い その中にカツァリスの演奏 …

楽譜の読み方を学ぶ

ここのところ、両手で弾き始める段階に入る生徒さんが何人も続いています。 新しい音が出てくる 両手で弾く最初の段階は、1オクターブ違いで同じ音を弾くので、左手の位置が今までとは変わってきます。 今までは、真ん中のドに1の指 …

常に基本に戻る

一昨日、自分のレッスンに行ってきました。 今、練習しているのは、バッハのフランス組曲2番なのですが、我ながらちょっと残念でした。 アルマンドはある程度、意識していたのですが、速いテンポのクーラント以降に問題がありました。 …

ルーベンス展を見に行きました

昨日は、久々に上野の国立西洋美術館に行きました。「ルーベンス展」を見るためです。 今年は、行きたい所には行ってみよう、見たいものは見てみよう、というのを目標に入れてみたのです。 ついつい日常の様々な物事にかまけて、美術館 …

付点4分音符と8分音符のリズム

まだ、割り算や分数を知らない小さいお子さんの場合、8分音符や16分音符を理解していくのは難しい場合が多いです。 教本にも8分音符は4分音符の半分と書いてあるのですが、実感が持てないようです。 特に、付点4分音符と8分音符 …

作品発表のためのピアノ演奏

昨日は、私が所属する「葵の会」の練習がありました。 今年4月の定期演奏会では、作品発表のために「AOI」という曲をピアノで演奏するのですが、作曲者の方に聞いていただきながら仕上げていく、という今までにはない経験をしていま …

「エリーゼのために」の繊細な美しさ

「エリーゼのために」は有名なピアノ曲です。「エリーゼのために」が弾けるようになりたい、と目標にしている生徒さんもいます。 6年生の生徒さんが、「小学校の1年生の時に弾いたんだけど、もう一度弾いてみたい。」ということで、今 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © たうらピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.