一人一人の個性を大切にする東松山高坂地区・毛塚のピアノ教室です

ブログ

親指の使い方を変えて響きが変わった

ロシアピアニズムの奏法のレッスンに来ている大人の生徒さん。だんだん響きが変わってきましたが、昨日、親指の使い方について意識が変わったことで、響きが大きく変わりました。 ご自分でもはっきりと分かったようで、「これほど違うと …

練習を続けることで進歩を実感できる

弾けると楽しくなる 昨日は、小学生のレッスンが続きました。みんな頑張って練習してきているので、とてもうれしく思っています。 ピアノには練習が欠かせません。弾けるようになると楽しい、だからまた練習しようと思う。この繰り返し …

進級・進学で成長を感じる

4月。子供さんたちは小中学校に入学したり、進級したりして、新年度がスタートしました。 新小学生の成長 不思議なもので、入学して次の学校に行くと、とても成長した感じがします。 先日レッスンした小学校新1年生の生徒さん、もと …

年中さん、ピアノが楽しい

この4月から幼稚園年中になった男の子の生徒さん、昨日もニコニコしながらレッスンにきました。 髪の毛を切ってさっぱりしていたので、「髪の毛、切ったの?」と聞いたら、「バレたか。」と言うのがかわいくて、笑ってしまいました。付 …

身体の使い方をレッスンしてもらう

昨日は、都内までレッスンに行ってきました。新しい曲はまだ弾けていないのですが、身体の感覚を戻すために、先生に見ていただくことが最大の目的です。 このあたりのレッスンの受け方は、一般的なピアノのレッスンとは違い、むしろ声楽 …

身体の使い方を意識し直す

葵の会定期演奏会前は、どうしても、本番で演奏する曲目を中心に練習しがちでした。 姿勢は意識していたつもりではありましたが、速いテンポでトレモロをたくさん弾いていたので、全体に手のポジションは下がり気味だったようです。 演 …

第55回葵の会定期演奏会を終えて

昨日は、私が所属する葵の会の第55回定期演奏会でした。私達の演奏を聴きに来てくださった方々に、ほんとうに感謝しています。ありがとうございました。 今回は、平成最後ということ、55回という節目の年であるということから、第2 …

幼稚園・保育園でピアノを弾くときに

たうらピアノ教室には、幼稚園の先生や保育士を目指す学生さんもレッスンに来ています。現役の保育士さんや小学校の先生がレッスンに来ていたこともありました。 お仕事で、ピアノを弾く必要のある生徒さんの場合には、小さいお子さんの …

手の支えを意識する

先日のリハーサルで、現在は同じ門下にいる先輩と休憩時間に奏法についての話をしました。 手の支えを作ることで下部雑音をなくす その方は、今年はスクリャービンの前奏曲を演奏します。音が上に上がりとても美しいスクリャービンでし …

伴奏の難しさと楽しさ

昨日は、間近に迫った葵の会の定期演奏会のリハーサルでした。今回、私は作品発表の演奏と、「フィガロの結婚」から序曲の演奏とアリア・二重唱・合唱の伴奏です。 音量をコントロールする難しさ 伴奏もしばらくぶりなので、いろいろな …

1 2 3 49 »
PAGETOP
Copyright © たうらピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.